080-6805-0350

ブログBlog

Blog

080-6805-0350

営業時間

10:00~20:00

定休日

不定休

Home > ブログ > WBC Brush-Up On Line に参加して

ブログ

WBC Brush-Up On Line に参加して

5/29,30の2日間、オンライにて開催されたWell-Beingクリエーター(WBC)のブラッシュアップ研修会に参加しました。

 

遠隔の友人等の元気なお顔を久しぶりに拝見できて、また、それぞれがぞれぞれでご活躍されている様子がうかがえて、とても嬉しく思いました。

 

今回の研修テーマは、「何故 今 自然音? 何故 今 体感音響?」と「今、何にフォーカスするか?」でした。

 

渋沢栄一著の「論語と算盤」からも学びました。

 

また、体感音響を自分で自分の体に行う“セルフヒーリング”の新しいコースの5実技を学びました。

目次

1.渋沢栄一から学ぶ

現在、大河ドラマ「天を衝け」で放送中の渋沢栄一の時代は、江戸幕府末期、黒船来訪で日本中が混乱状態となっていた時代でした。

黒船が、コロナウイルスとみると、丁度現在のコロナ禍に似ている様な気がしませんか?

幕末は、結局開国し、江戸幕府から明治政府へと大きく体制が変わった時代でした。それでは、現代では、どうでしょうか?

それは、それぞれ1人ひとりの心を開き、自分の中にある力(心の力、愛)を発動し、他人のために行動することだと、喜田圭一郎サウンドヒーリング協会理事長が繰り返し私たちに伝えているメッセージです。

「論語と算盤」では、論語すなわち、愛や調和を優先し、算盤すなわち、収益を後回しにする。結果として、自分が潤い豊かになると言う考え方です。

渋沢は、自由に行うことをもっとうに、高い志を持ち、私心(自分の為の地位や名誉、お金…)のない活動で、常にみんなのためを考え、自分にして欲しいことを先に人に行う方針だった。そのため、信頼が厚く、感謝が感謝を生み、やがて自分が潤って来ると考えていました。

自由とは、何ものにも依存しないで、自分を頼りにして、自分を信じて、全て自分が責任を取るという覚悟があることだと渋沢は主張していました。

2.地球と私たちの安寧は、1人ひとりの責任から。(SDG's)

私たちは、この地球上のあらゆる物質によって生かされています。

水、空気、食物(野菜、果物、魚介、肉…etc.)等を感謝してその生命力を頂いています。

私たちは、自然との繋がりを深めることが大切で、頂いた生命の力を活かして、人と社会と地球に還元(他者のために生きる)することが大切で、その時、人類には潜在的に喜びが生まれる様になっているそうです。

他者が潤えば、自分も潤うという、「与えれば入る法則」があります。

→その結果、自分の心と体は、健やかで溌剌(はつらつ)とした状態を維持できるのです。(オキシトシン効果)

自分の生命を全うし、最後の瞬間(肉体を離れて天に移行する時)に、悔いのない喜び多い心境を迎えられると信じます。


To be continue.....

シェアするShare

ブログ一覧